心に響かせるDV根絶パネル展示発表会のご案内

DV根絶への第一歩はDVに対しての意識を持つことですが、一般的には他人事、特殊な出来事といった偏見がいまだに多いのが現実です。

 

今回、広告界で活躍しているコピーライターとアートディレクターの協力を得て、「官民の支援機関」が一緒になって“DVを許さない地域づくり”の啓発事業に取り組みました。そして、通りすがりにチラッと観た人に一種のショックを与え、「DVは他人事ではない」と心に響かせることを狙った10の巨大パネルが完成しました。

 

何気ない日常生活のあちこちで起きているDVが、パネル上にコピーと

写真でストーリーとして浮き彫りになっています。

 

これを多くの人に「観て、感じて、考えて」もらいたい、今後、全国各地のDV防止キャンペーンやイベント、講座・研修などでDV根絶のために活用してもらいたいという思いから、制作発表会・展示会を企画しました。

どうぞ一度、お出かけください。

 

制作発表会:2009年7月2日(木)11:00~12:30

  「三日に一人妻が夫に殺されています…DVはすぐ近くで起きている」

会場:女性と仕事の未来館 地下展示会場 (参加費無料)

      港区芝5-35-3(JR田町駅慶応口徒歩3分)

 

発表者:玉山貴康(株)電通 コピーライター

     伊藤真也(株)電通テック アートディレクター

     野原沙希 (DVサバイバー・現在NPO法人アーシャ代表理事)

 

展示期間

  6月30日(火)~7月5日(日)・・・女性と仕事の未来館

        初日    12:00~20:30

       7月1日~4日  10:30~20:30

        最終日   9:30 ~16:00

  7月6日(木)~7月19日(日)・・港区男女平等参画センター3F

            港区芝浦3-1-47(JR田町駅芝浦口徒歩2分)

 

主催:NPO法人男女平等参画推進みなと(GEM)

共催:女性と仕事の未来館

後援:港区、NPO法人全国女性シェルターネット

      

 

 

 

 

 

            

  

 

 

                                            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

[`yahoo` not found]